即非如一(読み)ソクヒニョイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

即非如一 そくひ-にょいち

1616-1671 清(しん)(中国)の僧。
万暦44年5月14日生まれ。黄檗(おうばく)宗。黄檗山の隠元隆琦(りゅうき)について受戒し,法をつぐ。明暦3年来日し,肥前長崎の崇福(そうふく)寺の住職となった。寛文5年豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原忠真(ただざね)にむかえられ,福聚(ふくじゅ)寺をひらく。黄檗三筆のひとり。寛文11年5月20日死去。56歳。福建省出身。俗姓は林。著作に「即非禅師全録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくひにょいち【即非如一】

1616~1671) 江戸前期の黄檗おうばく宗の僧。1657年師の隠元に招かれて清から来日し、長崎の崇福寺に住む。豊前ぶぜん小倉の福聚寺の開山。黄檗の三筆の一人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即非如一
そくひにょいち
(1616―1671)

江戸時代に中国から来日した黄檗(おうばく)宗の僧。明(みん)の福清県(福建省)の人。15歳から黄檗山で修学、のち石雨(せきう)、朝宗(ちょうしゅう)、万如(まんにょ)、亘信(こうしん)(1603―1659)、永覚(えいかく)(1578―1657)ら諸師に参じ黄檗に帰山。1650年(順治7)隠元(いんげん)より印可を受く。1657年(順治14、明暦3)来日、長崎崇福寺(そうふくじ)に住した。当時、福済寺(ふくさいじ)の木庵性(もくあんしょうとう)とともに二甘露門(かんろもん)と称された。1663年(寛文3)宇治黄檗山に隠元を訪れ、翌1664年長崎への途次、豊前(ぶぜん)(福岡県)小倉(こくら)公に請ぜられ福聚寺(ふくじゅじ)開山となる。のち崇福寺に退隠、そこで示寂した。著作に『即非禅師全録』25巻がある。[船岡 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

即非如一 (そくひにょいち)

生年月日:1616年5月14日
江戸時代前期の渡来僧
1671年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そくひ‐にょいち【即非如一】

江戸初期の黄檗宗の僧。明の福清県(福建省)の人。隠元に学び、明暦三年(一六五七)、師に四年おくれて来日し、長崎の崇福寺に住した。寛文三年(一六六三)隠元を宇治の黄檗山に訪ね、翌年帰国を志して西下の途中、小倉の福聚寺開山となり、同八年望みを果たさぬまま崇福寺に退いた。元和二~寛文一一年(一六一六‐七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即非如一の関連情報