コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐麿 いとう すけまろ

2件 の用語解説(伊東祐麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐麿 いとう-すけまろ

1834-1906 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)5年8月25日生まれ。伊東祐亨(すけゆき)の兄。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久3年薩英戦争に従軍。戊辰(ぼしん)戦争では藩の春日丸副艦長として幕府艦とたたかう。明治3年海軍にはいり,10年の西南戦争では艦隊を指揮。のち海軍兵学校校長。海軍中将。元老院議官,貴族院議員。子爵。明治39年2月26日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊東祐麿

没年:明治39.2.26(1906)
生年:天保5.8.25(1834.9.27)
明治期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士伊東祐典と喜多の次男。弟は祐享。明治1(1868)年「春日」艦副長,阿波沖で幕府軍艦「開陽丸」と,奥羽で「回天」と戦闘した。普仏戦争(1870)に際して日本が局外中立を保ったとき沿岸警備に当たった。5年から8年まで中艦隊指揮官,その間6年副島種臣外務卿に随行して清国へ,7年にも大久保利通全権弁理大使に従って同国へ巡航した。9年東海鎮守府司令長官,西南戦争(1877)では海軍側の艦隊指揮をとり,11年中将に進む。13年に軍務局長,17年には海軍兵学校長,子爵となり,18年に元老院議官。23年から39年まで貴族院議員を務めた。

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊東祐麿の関連キーワード伊集院兼寛安保清康伊地知彦次郎伊集院五郎伊集院俊伊東義五郎実吉安純鮫島員規野間口兼雄原田宗介

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone