伊東祐麿(読み)いとう すけまろ

  • 伊東祐麿 いとう-すけまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1834-1906 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)5年8月25日生まれ。伊東祐亨(すけゆき)の兄。薩摩(さつま)鹿児島士。文久3年薩英戦争に従軍戊辰(ぼしん)戦争では藩の春日丸副艦長として幕府艦とたたかう。明治3年海軍にはいり,10年の西南戦争では艦隊を指揮。のち海軍兵学校校長。海軍中将。元老院議官,貴族院議員子爵。明治39年2月26日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:明治39.2.26(1906)
生年:天保5.8.25(1834.9.27)
明治期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士伊東祐典と喜多次男。弟は祐享。明治1(1868)年「春日」艦副長,阿波沖で幕府軍艦「開陽丸」と,奥羽で「回天」と戦闘した。普仏戦争(1870)に際して日本が局外中立を保ったとき沿岸警備に当たった。5年から8年まで中艦隊指揮官,その間6年副島種臣外務卿に随行して清国へ,7年にも大久保利通全権弁理大使に従って同国へ航した。9年東海鎮守府司令長官,西南戦争(1877)では海軍側の艦隊指揮をとり,11年中将に進む。13年に軍務局長,17年には海軍兵学校長,子爵となり,18年に元老院議官。23年から39年まで貴族院議員を務めた。

(田浦雅徳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android