コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差す/注す/点す サス

デジタル大辞泉の解説

さ・す【差す/注す/点す】

[動サ五(四)]
酒をすすめる。「杯を―・す」
ごく少量の液体をある部分にそそぎ入れる。「目薬を―・す」「ギヤに油を―・す」
液体をほかの液体や容器の中へ少し、または少しずつ加え入れる。「花瓶に水を―・す」「吹きこぼれないように冷水を―・す」
補い加える。つぎ足す。「炭を―・して火気を強める」
ある部分に色をつける。「紅(べに)を―・す」
しるしや訓点などをつける。「朱点を―・す」
火をともす。
「まづ紙燭(しそく)―・して来(こ)」〈竹取
[可能]させる

さ・す【差す/指す】

[動サ五(四)]
(差す)
㋐(「射す」とも書く)まっすぐに光が照り入る。光が当たる。「西日が―・す」
㋑潮が満ちてくる。また、水が増して入り込む。しみ込む。「潮が―・す」「氾濫した川の水が床下まで―・してきた」「井戸に廃水が―・す」
㋒何かのしるし・気配などが自然と外に現れる。「ほおに血の気が―・す」「景気にかげりが―・す」
㋓ある種の気分・気持ちが生じる。きざしてくる。「眠けが―・す」「魔が―・す」「気が―・す(=気がとがめる)」
㋔平熱より高くなる。熱が出る。「熱が―・す」
㋕枝や根が伸び広がる。草木が伸びて出る。「枝葉が―・す」
(指す・差す)
㋐指などで目標とする物や場所・方向を示す。指さす。「指で―・して教える」「後ろ指を―・される」「時計の針が七時を―・している」
㋑人や物をそれと決めて示す。指名する。また、密告する。「文中のそれは何を―・しますか」「生徒を―・して答えさせる」「犯人を警察に―・す」
㋒その方向へ向かう。目ざす。「南を―・して飛ぶ」
㋓物差しで寸法を測る。
「縦横の寸法を―・してみた」〈三重吉・桑の実〉
㋔指物を作る。
㋕将棋で、駒を動かす。また、対局する。「将棋を―・す」「一局―・す」
㋖物を手で持って上げる。両手で高く上げる。「米俵を―・す」
㋗傘などをかざす。
㋘肩に担ぐ。になう。「駕籠(かご)を―・す」
㋙舞で、手を前方に伸ばす。「―・す手引く手」
㋚相撲で、相手の脇の下に手を入れる。「右を―・す」
㋛競馬などで、ゴールの直前で先行するものを追い抜く。「―・して首の差で勝つ」

㋐雲などが、立ちのぼる。
「八雲―・す出雲の児らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ」〈・四三〇〉
㋑さしつかえる。
「ちとお寺に―・す事ある」〈浄・薩摩歌〉
[可能]させる
[補説]「指す」「差す」「射す」「刺す」「注す」「点す」「挿す」「鎖す」などと、いろいろに漢字が当てられるが、本来は同一の語。
[下接句]嫌気が差す影が射す気が差す図星を指す掌(たなごころ)を指す鳥影(とりかげ)が射す魔が差す指一本も差させない指を差す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差す/注す/点すの関連キーワード落とし差し・落し差し掴み差し・摑み差し差し添え・差添え鐺上がり・鐺上り鐺下がり・鐺下り差し初め・差初め差し料・差料拡張スロット差し身・差身二階から目薬差し前・差前噂をすれば影指し刀・指刀差し誇らかす打ち越し酒脇差・脇指押っ取り刀散髪脱刀令杯論・盃論差し佩く

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android