コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐亨 いとう

7件 の用語解説(伊東祐亨の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊東祐亨

海軍軍人・元帥・伯爵。鹿児島県生。薩摩藩士伊東祐典の四男、海軍中将祐麿の弟。日清戦争時に連合艦隊司令長官に就任、のち海軍軍令部長・大将となる。大正3年(1914)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとう‐すけゆき【伊東祐亨】

[1843~1914]元帥・海軍大将。鹿児島の生まれ。日清戦争時の連合艦隊司令長官日露戦争では大本営海軍幕僚長

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐亨 いとう-すけゆき

1843-1914 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)14年5月12日生まれ。伊東祐麿(すけまろ)の弟。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。幕府の神戸海軍操練所にまなぶ。日清(にっしん)戦争では連合艦隊司令長官として黄海海戦に勝利し,制海権をにぎる。日露戦争では大本営幕僚長をつとめた。明治39年元帥。大正3年1月16日死去。72歳。名は「ゆうこう」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊東祐亨

没年:大正3.1.16(1914)
生年:天保14.5.12(1843.6.9)
日清・日露両戦争期の海軍首脳。薩摩(鹿児島)藩士伊東祐典の4男,兄祐麿は海軍中将。藩の開成所で英学,神戸にあった勝海舟の海軍塾で航海術,江戸の江川太郎左衛門の塾で砲術を学ぶ。慶応4(1868)年1月旧幕府兵による芝三田(東京都港区)の薩摩藩邸焼き打ちの際邸におり,同僚と薩摩艦「胡蝶丸」に逃れ,追跡する幕府艦「回天」「蟠竜」と交戦し砲手を務めて活躍,「胡蝶丸」は無事に神戸に逃れる。明治維新後に海軍に入り,明治2(1869)年「乾行」副長,4年「第1丁卯」艦長,5年「春日」「東」艦長,8年「日進」艦長,9年「高雄丸」船長,10年「日進」艦長,11年「扶桑」艦長,12年「比叡」,14年「筑波」「比叡」の艦長,15年「竜驤」艦長,16年「比叡」艦長,17年「扶桑」艦長と,中央勤務なしにすべての主力艦艦長を務めた経歴も珍しい。軍政家でも軍略家でもなく,実戦にたけた武人として遇されたことが明らかである。18年初めての地上勤務である横須賀造船所長となり,19年常備小艦隊司令官,22年海軍省第1局長兼海軍大学校校長となり,ようやく中央勤務にたどり着いた。しかし26年常備艦隊司令長官として再び海上勤務,日清戦争(1894~95)において豊島沖海戦,黄海海戦,威海衛攻撃に勝利する殊勲を立てた。28年軍令部長,日露戦争(1904~05)における作戦全般を指導して再び勝利に貢献。戦後元帥府に列せられたが,政治に全くかかわらなかった武骨一途の軍人であった。<参考文献>小笠原長生『元帥伊東祐亨

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いとうゆうこう【伊東祐亨】

1843‐1914(天保14‐大正3)
明治期の海軍軍人。薩摩藩士伊東祐典の四男。海軍操練所で航海術を学び,薩英戦争に参加。維新後春日,日進などの艦長となり,以後1892年中将,横須賀鎮守府長官。日清戦争時には連合艦隊司令長官,95年軍令部長,98年大将,日露戦争時には大本営幕僚長を歴任し,1906年元帥。07年伯爵。海軍の重鎮でかつ薩摩閥の長老として強い影響力をもった。【粟屋 憲太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとうすけゆき【伊東祐亨】

1843~1914) 海軍軍人。薩摩藩士の出。日清戦争の連合艦隊司令長官。日露戦争では大本営海軍幕僚長。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東祐亨
いとうすけゆき

[生]天保14(1843).5.12. 鹿児島
[没]1914.1.16. 東京
海軍軍人。薩英戦争に参加後,明治1 (1868) 年一等士官,1882年大佐,86年常備小艦隊司令官,89年海軍省第1局長,海軍大学校校長。 94~95年日清戦争における連合艦隊長官に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊東祐亨の関連キーワード伊集院五郎伊集院俊井上良馨今井兼昌金子平吉河原要一但馬惟孝野間口兼雄向山慎吉餅原平二

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone