コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐亨 いとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐亨 いとう-すけゆき

1843-1914 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)14年5月12日生まれ。伊東祐麿(すけまろ)の弟。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。幕府の神戸海軍操練所にまなぶ。日清(にっしん)戦争では連合艦隊司令長官として黄海海戦に勝利し,制海権をにぎる。日露戦争では大本営幕僚長をつとめた。明治39年元帥。大正3年1月16日死去。72歳。名は「ゆうこう」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊東祐亨

没年:大正3.1.16(1914)
生年:天保14.5.12(1843.6.9)
日清・日露両戦争期の海軍首脳。薩摩(鹿児島)藩士伊東祐典の4男,兄祐麿は海軍中将。藩の開成所で英学,神戸にあった勝海舟の海軍塾で航海術,江戸の江川太郎左衛門の塾で砲術を学ぶ。慶応4(1868)年1月旧幕府兵による芝三田(東京都港区)の薩摩藩邸焼き打ちの際邸におり,同僚と薩摩艦「胡蝶丸」に逃れ,追跡する幕府艦「回天」「蟠竜」と交戦し砲手を務めて活躍,「胡蝶丸」は無事に神戸に逃れる。明治維新後に海軍に入り,明治2(1869)年「乾行」副長,4年「第1丁卯」艦長,5年「春日」「東」艦長,8年「日進」艦長,9年「高雄丸」船長,10年「日進」艦長,11年「扶桑」艦長,12年「比叡」,14年「筑波」「比叡」の艦長,15年「竜驤」艦長,16年「比叡」艦長,17年「扶桑」艦長と,中央勤務なしにすべての主力艦艦長を務めた経歴も珍しい。軍政家でも軍略家でもなく,実戦にたけた武人として遇されたことが明らかである。18年初めての地上勤務である横須賀造船所長となり,19年常備小艦隊司令官,22年海軍省第1局長兼海軍大学校校長となり,ようやく中央勤務にたどり着いた。しかし26年常備艦隊司令長官として再び海上勤務,日清戦争(1894~95)において豊島沖海戦,黄海海戦,威海衛攻撃に勝利する殊勲を立てた。28年軍令部長,日露戦争(1904~05)における作戦全般を指導して再び勝利に貢献。戦後元帥府に列せられたが,政治に全くかかわらなかった武骨一途の軍人であった。<参考文献>小笠原長生『元帥伊東祐亨』

(田中宏巳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとうゆうこう【伊東祐亨】

1843‐1914(天保14‐大正3)
明治期の海軍軍人。薩摩藩士伊東祐典の四男。海軍操練所で航海術を学び,薩英戦争に参加。維新後春日,日進などの艦長となり,以後1892年中将,横須賀鎮守府長官。日清戦争時には連合艦隊司令長官,95年軍令部長,98年大将,日露戦争時には大本営幕僚長を歴任し,1906年元帥。07年伯爵。海軍の重鎮でかつ薩摩閥の長老として強い影響力をもった。【粟屋 憲太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いとうすけゆき【伊東祐亨】

1843~1914) 海軍軍人。薩摩藩士の出。日清戦争の連合艦隊司令長官。日露戦争では大本営海軍幕僚長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東祐亨
いとうすけゆき

[生]天保14(1843).5.12. 鹿児島
[没]1914.1.16. 東京
海軍軍人。薩英戦争に参加後,明治1 (1868) 年一等士官,1882年大佐,86年常備小艦隊司令官,89年海軍省第1局長,海軍大学校校長。 94~95年日清戦争における連合艦隊長官に就任。 94年9月 17日,黄海海戦にのぞみ,清国の北洋艦隊を破って,黄海の制海権を確保し,日清戦争勝利の基礎を得た。その後,軍令部長,軍事参議官などを歴任。 1909年元帥,伯爵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

伊東祐亨の関連キーワード小笠原 長生旅順の戦い日本海軍湯地定監鮫島員規島村速雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android