コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤人誉 いとう ひとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤人誉 いとう-ひとよ

1913- 昭和時代の小説家。
大正2年3月21日生まれ。昭和18年「文学界」に登山をテーマにした小説「岩小屋」を発表する。同人誌「小説界」「文学四季」などに参加。戦後の作品に短編集「登山者」「ガールフレンド」,長編小説「猟人」などがある。東京出身。アテネ・フランセ中退。本名は隆幸。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤人誉の関連キーワード牧野省三カフカセネット[各個指定]芸能部門デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボールマケドニア共和国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone