伊藤嘉融(読み)いとう よしなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤嘉融 いとう-よしなが

1844-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)15年4月4日生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩士。平田銕胤(かねたね)に国学をまなび,梅村真一郎とともに尊攘(そんじょう)運動に参加,藩から除籍される。足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件,長州藩外国船砲撃事件などにかかわり,鈴木重胤(しげたね)暗殺にも関与したという。元治(げんじ)元年水戸の天狗(てんぐ)党の乱にくわわり敗走,9月8日自刃(じじん)した。21歳。通称は益荒(ますら)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android