コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤多羅 いとう たら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤多羅 いとう-たら

1766-1822 江戸時代中期-後期の本草家,国学者。
明和3年6月13日生まれ。越前(えちぜん)府中(福井県武生(たけふ)市)の薬種商。伯父の養子となり,父の生家の近江(おうみ)屋をつぎ,本草学をおさめる。のち国学にひかれ,本居宣長(もとおり-のりなが)の門人となった。文政5年7月19日死去。57歳。本姓は山田。通称は東四郎。別号に東白。著作に「万葉動植考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤多羅の関連キーワード本草家国学者

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android