コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤徳之助 いとう とくのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤徳之助 いとう-とくのすけ

1894-1961 大正-昭和時代の物理学者。
明治27年12月11日生まれ。中央気象台技師をへて,昭和9年九州帝大教授となる。専門は変形する物体力学地球物理学。22年飛行機からドライアイスをまき,日本最初の人工降雨実験をおこなった。昭和36年2月9日死去。66歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「応用ベクトル解析」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤徳之助の関連キーワード物理学者昭和時代大正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android