コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工降雨 じんこうこうう artificial precipitation

7件 の用語解説(人工降雨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工降雨
じんこうこうう
artificial precipitation

人工的に制御された降水現象。まったく雲のない空に雲をつくりそれを雨とするのではなく,自然の雲に対して降雨のきっかけを与えたり自然降雨の量をさらに増加させたりするもの。雲粒は氷点以下であっても凝結核がないときは氷晶にならず,過冷却の水滴として浮かんでいる場合がかなり多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

人工降雨

雲粒が成長して雨や雪などの降水現象が起きるには、いくつかの条件を同時に満たす必要があるが、その条件の一部が欠けている場合、それを補って降水現象を起こすこと。雲のない所に雨を降らせるのではないので、事実上は人工増雨。小さな氷の粒が不足している場合は、雲の中に氷の結晶をつくる核に適したヨウ化銀(結晶格子の分子配列の形や間隔が雪の結晶に似ている)を飛行機でまいたり、ロケットや大砲で打ち上げたり、地上で燃やして煙を雲の中に入れたり、あるいは、飛行機でドライアイスをまいて温度を下げ、雲粒を氷にしてしまうなどの方法がある。米国でのアーヴィング・ラングミュア(Irving Langmuir)が創案し、1946年に初の実験が行われて以来、世界各国で試みられている。対象の場所に雨を降らせるだけでなく、ロシアなどではひょうを降らせる雲で人工降雨を行い、ひょうが成長する前に降らせて被害を軽減させている。また、大きなイベント当日の晴天を確保するため雨雲が流れてくる前に人工降雨で雨を降らせる計画や、山岳部にできるだけ多く雪を降らせて春先に雪解け水農業用水に使うということも行われている。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐こうう〔‐カウウ〕【人工降雨】

発達した雲の上から、氷晶核となるドライアイスの小片や沃化銀(ようかぎん)微粒子をまき、人工的に雨を降らすこと。
[補説]水不足時のダムの増水などに活用される。また、ある特定の日を晴天にするために、前日までに雨雲を消しておくのにも利用され、そのような場合は人工消雨ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人工降雨【じんこうこうう】

成雨機構の研究の成果をもとにして,雲の中の成雨過程に刺激を与えて降雨に導くこと。氷晶説による〈冷たい雨〉の人工降雨は,過冷却の雲粒からできている雲の中に人工的に氷晶を作って行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じんこうこうう【人工降雨 artificial precipitation】

過冷却雲が存在するときに,ヨウ化銀など人工の氷晶核(氷晶)を散布し,あるいはドライアイスを散布して雲粒を凍結させて氷晶核を発生させ,雨または雪を降らせること。雲粒の中に氷晶ができると,氷と水の飽和蒸気圧の差によって,氷晶は水蒸気をもらい,どんどん成長して雪の結晶となり雲内を落下する。途中で結晶どうしが付着しあって雪片となったり,また雲粒つき結晶となってさらに落下し,下部にこれを融解させる層があれば雨となって地上に到達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんこうこうう【人工降雨】

過冷却の雲の中に凝結の核となるヨウ化銀やドライ-アイスを散布するなどして、人工的に雨を降らせること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工降雨
じんこうこうう

雲に種まきをする方法などによって人工的に雨(または雪)を降らすこと。干魃(かんばつ)のときなどに雨を降らせようとして火を燃やしたり、雲の中に大砲を打ち込む試みは古くから行われてきたが、これらの方法は、雲の中で雨のできる仕組みがわかっていない時代のものであった。1933年にスウェーデンのベルシェロンT. Bergeronが、雲の中で雨や雪のできる仕組みについて有名な氷晶説を発表し、38年にはドイツのフィンダイゼンW. Findeisenが、氷晶説に基づいて人工的に氷晶核を雲の中にまくと雨や雪を降らせることができることを予言した。またさらに46年になってアメリカのシェーファーV. J. Schaeferは、過冷却した霧でいっぱいになっている冷蔵庫の中にドライアイスの破片を落としたところ、たくさんの氷晶が発生することをみいだした。この実験はフィンダイゼンの考えを初めてテストして実現したこととなった。同年にアメリカのボンネガットB. Vonnegutは、ヨウ化銀を燃やしたときにできる微細な結晶が零下50℃以下で氷晶核として有効に作用することを発見した。これらの研究に基づいてアメリカのゼネラル・エレクトリック研究所の科学者らは、飛行機の上からドライアイスの細片を雲の上に落としたり、ヨウ化銀をしみ込ませた石炭を燃やしながら雲の上に落とす実験を行い、過冷却した自然の雲を氷晶の雲に変えることに成功した。これが現代の人工降雨に関する自然を相手とした最初の試みであった。それ以来ドライアイスやヨウ化銀を用いた人工降雨に関する実験は、日本を含め世界各国で数多く行われてきた。
 いままでに世界各国で行われてきた人工降雨のおもな技術的方法と、その成果をまとめてみると次のとおりである。
(1)ドライアイス法 ドライアイス数キログラムを直径約1センチメートルの小片に砕いて飛行機から雲の上にまく。このとき雲頂の温度が零下7℃以下で、過冷却した雲の層の厚さが約1500メートル以上の場合には、高い確率で雨が降る。
(2)ヨウ化銀法 アセトンに溶かし、これを燃やしてヨウ化銀の煙を出す。飛行機または地上で発煙する。またヨウ化銀を火薬と混ぜて雲の中に打ち込み爆発させる方法もある。これは旧ソ連で採用されたもので、ヨウ化銀1グラムから1014個程度の莫大(ばくだい)な数の微粒子ができるので、1回の実験でヨウ化銀10グラム程度用いるだけでよいとされている。
 これらの方法による人工降雨はダムの増水(水力発電用、各種用水など)などに利用されてきた。およそ10~20%増雨(雪)があると信じられている。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工降雨の関連キーワード地形性降水小止み小降り降り降り止む降水帯降出す降続くメチニコフ現象レイノルズ効果(気象)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工降雨の関連情報