コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤樵渓 いとう しょうけい

1件 の用語解説(伊藤樵渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤樵渓 いとう-しょうけい

1791-1860 江戸時代後期の儒者。
寛政3年11月4日生まれ。伊藤鏡河の子。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。田能村(たのむら)竹田に師事し,角田(つのだ)九華とまじわる。文政9年藩校由学館の司業。嘉永(かえい)3年江戸留守居格,藩校助教授となり,翌年近習物頭格にすすんだ。万延元年9月22日死去。70歳。名は輔世。字(あざな)は孟徳,子長。通称は羆一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤樵渓の関連キーワード市川団十郎万延真珠岩安積艮斎安積艮斎豊沢広助奴隷貿易マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone