コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤痴遊(初代) いとう ちゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤痴遊(初代) いとう-ちゆう

1867-1938 明治-昭和時代前期の政治家,講談師。
慶応3年2月15日生まれ。明治14年自由党にはいり,星亨(とおる)に師事。23年双木舎(そうぼくしゃ)痴遊の名で自作自演政治講談をはじめ,人気をえる。のち話術倶楽部(クラブ)を創設。昭和3年衆議院議員(当選2回,政友会)。昭和13年9月25日死去。72歳。武蔵(むさし)横浜出身。本名は仁太郎(にたろう)。著作に「明治裏面史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤痴遊(初代)の関連キーワード講談師