伊藤痴遊(初代)(読み)いとう ちゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤痴遊(初代) いとう-ちゆう

1867-1938 明治-昭和時代前期の政治家,講談師。
慶応3年2月15日生まれ。明治14年自由党にはいり,星亨(とおる)に師事。23年双木舎(そうぼくしゃ)痴遊の名で自作自演政治講談をはじめ,人気をえる。のち話術倶楽部(クラブ)を創設。昭和3年衆議院議員(当選2回,政友会)。昭和13年9月25日死去。72歳。武蔵(むさし)横浜出身。本名は仁太郎(にたろう)。著作に「明治裏面史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android