コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤草白 いとう そうはく

1件 の用語解説(伊藤草白の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤草白 いとう-そうはく

1896-1945 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治29年2月24日生まれ。国画創作協会を中心に活躍し,大正9年「風景」が樗牛(ちょぎゅう)賞。15年「黒部渓谷」を出品し,同会会員となる。土田麦僊(ばくせん)の山南塾評議員をつとめ,昭和3年新樹社結成にくわわった。昭和20年12月9日死去。50歳。京都出身。京都市立第一商業中退。本名は勝治郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤草白の関連キーワード伊藤柏台増地庸治郎大久保百合子小泉勝爾児島矩一霜田史光三木宗策望月重雄森下彰子山崎省三

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone