コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤草白 いとう そうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤草白 いとう-そうはく

1896-1945 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治29年2月24日生まれ。国画創作協会を中心に活躍し,大正9年「風景」が樗牛(ちょぎゅう)賞。15年「黒部渓谷」を出品し,同会会員となる。土田麦僊(ばくせん)の山南塾評議員をつとめ,昭和3年新樹社結成にくわわった。昭和20年12月9日死去。50歳。京都出身。京都市立第一商業中退。本名は勝治郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤草白の関連キーワード樋口一葉内閣総理大臣深刻小説原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)トムソン(Sir Joseph John Thomson)[各個指定]芸能部門クライン(Melanie Klein)中国映画

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android