コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤長七 いとう ちょうしち

1件 の用語解説(伊藤長七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤長七 いとう-ちょうしち

1877-1930 明治-昭和時代前期の教育者。
明治10年4月13日生まれ。生地の長野県で小学校訓導をつとめたのち,東京高師を卒業し付属中学教諭となる。大正8年東京府立第五中学(現都立小石川高)の創立とともに校長。開拓精神を強調する視野のひろい自由主義教育を実践する。長野県木崎夏期大学などの開設にも尽力した。昭和5年4月19日死去。54歳。号は寒水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤長七の関連キーワード池内広正古賀愛子坂部十寸穂佐々木文一島定治郎竹内類治津山英吉藤堂高成二宮健市林仙之

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone