コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆半島ジオパーク

1件 の用語解説(伊豆半島ジオパークの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊豆半島ジオパーク

伊東、沼津、熱海、三島、下田、伊豆の国、伊豆の7市と東伊豆、河津、南伊豆、松崎、西伊豆、函南、長泉、清水の8町の地域で構成される範囲。約60万年前に海底火山や火山島が本州に衝突して形成された伊豆半島には、約4千年前の噴火でつくられた大室山(伊東市)や約1万年前に富士山から流れてきた三島溶岩によってできた鮎壺(あゆつぼ)の滝(長泉町)などがある。2012年9月に「日本ジオパーク」に認定された。

(2015-06-08 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊豆半島ジオパークの関連キーワード三島市伊豆の国伊豆新聞伊豆日日新聞伊豆のへそ伊豆急行線伊東線静岡県伊豆の国市寺家静岡県伊豆の国市田京静岡県伊豆の国市中

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆半島ジオパークの関連情報