コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石廊崎 いろうざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石廊崎
いろうざき

石室崎とも書く。静岡県東部,伊豆半島南端にある岬。南伊豆町に属する。集塊岩から成るなだらかな台地が,海食と断層による断崖絶壁をなし,南伊豆第一の雄大な海岸美。高さ約 60mの岬端には灯台,無線方位信号所測候所石室神社がある。東側の入江奥の漁港はかつては風待ち港として栄えた長津呂港で現在は石廊崎港と改称して,岬めぐりの観光船発着港,小漁港となっている。温暖な無霜地帯で,付近では花卉の栽培が行われる。民宿が多い。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いろう‐ざき〔いラウ‐〕【石廊崎】

静岡県、伊豆半島南端の岬。海食を受けた断崖が続く。灯台・石室(いろう)神社がある。石室崎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石廊崎【いろうざき】

静岡県伊豆半島最南端の岬。石室崎とも書く。海食を受けた集塊岩の高い絶壁をなし,岬端に光達距離21カイリの灯台と石廊権現がある。周辺で花卉(かき)が栽培され,花畑と岩石海岸の光景が美しく富士箱根伊豆国立公園に属する。
→関連項目遠州灘駿河湾南伊豆[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いろうざき【石廊崎】

静岡県伊豆半島最南端,南伊豆町にある岬。石室岬とも書く。古くは長津呂崎ともいい,岬東の湾奥部にある長津呂は帆船時代の風待港であった。伊波例命を祭る石廊神社があり,岩群に由来する地名ともいわれる。岬の周辺は比高約100mにも達する海食崖でかこまれる隆起海食台地で,安山岩質集塊岩からなる岩峰海食洞が多く,展望風景もよい観光地で,伊豆周遊ルートの拠点となっている。岬端には1871年に建設された石廊埼灯台があり,建設当時は木造八角形の白色洋式灯台で沖合の神子元(みこもと)島の灯台とともに相模灘と駿河湾とが接する重要な地点であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いろうざき【石廊崎】

静岡県伊豆半島の最南端にある岬。隆起海食台が発達。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕石廊崎(いろうざき)


静岡県伊豆(いず)半島の最南端に位置する岬。太平洋の荒波が浸食した隆起海食台をなす。石室崎とも書く。沖合は近世の菱垣廻船(ひがきかいせん)・樽(たる)廻船のころからおそれられた航路の難所。1871年(明治4)、洋式の石廊埼(さき)灯台が設置された。富士箱根伊豆国立公園に属する。断崖(だんがい)に砕ける波涛(はとう)を眼下に、手前の神子元(みこもと)島から海上はるかに伊豆諸島島影を望む。ジャングルパークには3000種の熱帯植物が茂る。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石廊崎
いろうざき

静岡県伊豆半島最南端の岬。石室崎とも書く。南伊豆町に属する。付近は約100メートルの海食崖(がい)と、隆起海食台地、鋸歯(きょし)状に交錯する入り江と岬、安山岩質集塊岩からなる尖塔(せんとう)状の奇岩など、変化に富んだ壮大な景観を示し国指定名勝「伊豆西南海岸」となっている。岬の東の入り江奥の石廊崎港(長津呂(ながつろ)港)はかつて風待ち港であった。岬端には1871年(明治4)設置された白色の灯台、無線中継所、方位測定所などがあり重要な地点であるが、1974年(昭和49)の伊豆半島沖地震では、活断層に伴う被害を受けた。海に面する石室(いろう)神社は千石船の帆柱を土台にして建てられたもので、石室権現(ごんげん)ともよばれ、船乗りの守り神である。奥石廊海岸もある。下田からバス40分、下車後徒歩15分。岬めぐりの遊覧船がある。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石廊崎の関連キーワード静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎石廊崎オートキャンプ場伊豆半島沖地震南伊豆(町)下賀茂温泉菱垣廻船神子元島大根発達

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石廊崎の関連情報