海鼠壁(読み)ナマコカベ

大辞林 第三版の解説

なまこかべ【海鼠壁】

土蔵などの外壁で、方形の平瓦を貼り、目地めじの漆喰しつくいを海鼠形に盛り上げて塗った壁。江戸時代、土蔵や武家屋敷の長屋塀などに使われた。なまこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なまこ‐かべ【海鼠壁】

〘名〙 土蔵・塗屋などの外壁で、四角な平瓦を並べて打ちつけ、目地をしっくいでかまぼこ形に盛り上げて塗ったもの。大名屋敷の長屋・塀、民家などに用いた。なまこ
※洒落本・当世爰かしこ(1776)「新五左衛門殿はなまこ壁の裏門へわらぞうりでぐにゃと這入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android