コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修善寺温泉 しゅぜんじおんせん

4件 の用語解説(修善寺温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修善寺温泉
しゅぜんじおんせん

静岡県東部,狩野川の支流桂川渓谷にある温泉。伊豆市修善寺地区の中心集落にあり,温泉街の中央に岡本綺堂の『修禅寺物語』で有名な古刹修禅寺や開湯の伝説にちなむ「独鈷 (とっこ) の湯」がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅぜんじ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【修善寺温泉】

修善寺

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕修善寺温泉(しゅぜんじおんせん)


静岡県伊豆(いず)市、狩野(かの)川支流の桂(かつら)川の渓谷にわく行楽向きの温泉。空海による開湯伝説がある古湯で、岡本綺堂(おかもときどう)著『修禅寺物語』の舞台。桂川北岸の曹洞(そうとう)宗修禅寺の宝物館に源氏ゆかりの品を展示。温泉街東の嵐(あらし)山はサクラの名所。北西約2kmに和風・洋風とりそろえたレジャーランド修善寺虹(にじ)の郷(さと)がある。ナトリウム-塩化物泉、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温76.8℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

修善寺温泉
しゅぜんじおんせん

静岡県東部、伊豆(いず)市にある温泉。桂(かつら)川の渓谷に沿う温泉。泉質は単純温泉、塩化物泉など。源泉は81、なかでも有名なのは独鈷(とっこ)ノ湯で、空海(くうかい)が大同(だいどう)年間(806~810)発見し諸病に効験のあることを里人に教えたという。また、夏目漱石(そうせき)の『修善寺日記』や岡本綺堂(きどう)の『修禅寺物語』もこの地で生まれた。名産品に修善寺彫りがある。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修善寺温泉の関連キーワード静岡県伊豆市大沢静岡県伊豆市大野静岡県伊豆市佐野静岡県伊豆市城静岡県伊豆の国市田京静岡県伊豆市土肥静岡県伊豆の国市中静岡県伊豆の国市墹之上静岡県伊豆市宮上静岡県伊豆市吉奈

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

修善寺温泉の関連情報