コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達磨山 だるまやま

4件 の用語解説(達磨山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

達磨山
だるまやま

静岡県東部,伊豆半島北西部にある楯状火山。標高 982m。沼津市と伊豆市との境に位置する。山体の西半部は駿河湾に面し,海食によって開析された古い火山。頂上付近を西伊豆スカイラインが通り,山麓にはキャンプ場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だるまやま【達磨山】

静岡県伊豆半島北西部の火山。標高982m。山頂は田方郡修善寺町,天城湯ヶ島町,戸田(へた)村の境界に位置する。湯ヶ島層群を基盤とし,主として洪積世の輝石安山岩質の溶岩からなる楯状火山で,溶岩の厚さは約500mほどである。火口は開析されて不明であるが,西麓の戸田新田南東付近といわれ,山体も南北方向の断裂系の発達によって変形している。東側の山腹緩斜面は原形を残しながら狩野(かの)川の河谷に達する。内浦湾に面する北側の斜面もゆるやかな山腹をもち,古くから樹園化されて西浦ミカンの産地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕達磨山(だるまやま)


静岡県伊豆(いず)半島の北西部にある火山。標高982m。山頂東側まで西伊豆スカイラインが通じる。山頂からの富士山・駿河(するが)湾などの展望は伊豆随一。富士箱根伊豆国立公園に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

達磨山
だるまやま

静岡県、伊豆半島北西部にある山。標高982メートル。沼津市戸田(へだ)と伊豆市の境界に位置する。更新世(洪積世)に活動した火山で、輝石安山岩質溶岩を流出させた楯状(たてじょう)火山といわれる。火口は戸田大川沿いの新田南東部と考えられている。北斜面は沼津市西浦から駿河(するが)湾奥の内浦湾に面し、緩斜面はミカン園となっている。西斜面は解体が進み、急な海食崖(がい)をもって駿河湾に臨むが、御浜(みはま)岬で囲まれる戸田港がある。南部は船原峠以南の棚場(たなば)火山に接し、東斜面は緩やかな原面が残り、狩野(かの)川低地に接する。戸田峠と船原峠を結ぶ西伊豆スカイラインが稜線(りょうせん)部を通り、山頂からの富士、南アルプス、駿河湾などの展望は優れている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

達磨山の関連キーワード韮山伊豆静岡県伊豆市大沢静岡県伊豆市大野静岡県伊豆市城静岡県伊豆市土肥静岡県伊豆の国市中戸田〈村〉静岡県伊豆市宮上静岡県伊豆市吉奈

達磨山の関連情報