コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀朝光 いが ともみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀朝光 いが-ともみつ

?-1215 平安後期-鎌倉時代の武将。
藤原光郷の子,一説に二階堂行政(ゆきまさ)の子ともいう。母は源邦業(くになり)の娘。関東の豪族。鎌倉幕府の成立により源頼朝につかえる。のち北条氏のもとで比企能員(ひき-よしかず)一族,和田義盛(よしもり)一族の討滅に功をたてた。この間,承元(じょうげん)4年(1210)伊賀守(かみ)となり,伊賀氏を名のる。建保(けんぽ)3年9月14日死去。通称は所六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊賀朝光

没年:建保3.9.14(1215.10.8)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武将。所六郎ともいう。藤原秀郷の子孫の散位光郷と下総守源邦業の娘との子。正治1(1199)年右衛門少尉,建永1(1206)年検非違使,翌年叙爵。承元4(1210)年伊賀守に任ぜられ,以後伊賀氏を称した。従五位上を極位とする。文治5(1189)年奥州征討軍に参加し軍功をあげる。さらに建仁3(1203)年の比企能員の乱や建保1(1213)年の和田義盛の乱に活躍。娘が北条義時の後妻として嫁ぎ政村などの母となったこともあり,鎌倉幕府の宿老として重きをなした。子に光季・光宗兄弟がいる。

(佐々木文昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊賀朝光の関連キーワード伊賀光宗北条政村結城朝広伊賀光季伊賀光重鎌倉時代