コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達文三 だて ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達文三 だて-ぶんぞう

1844-1901 明治時代の治水家,政治家。
天保(てんぽう)15年2月生まれ。駿河湾に流入する沼川河口の治水工事に私財を投じてとりくみ,明治18年沼川石水門を完成させた。伊達組をおこして土木請負業をいとなむ静岡県会議員をへて31年衆議院議員(当選2回,政友会)。明治34年10月25日死去。58歳。伊豆(いず)田方郡(静岡県)出身。本姓は羽田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達文三の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android