コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達村年 だて むらとし

1件 の用語解説(伊達村年の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達村年 だて-むらとし

1705-1735 江戸時代中期の大名。
宝永2年1月16日生まれ。伊達宗贇(むねよし)の3男。宝永8年伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩主伊達家4代となる。植林を奨励し,人材を登用するなど藩政の改革に着手したが,参勤交代で帰藩の途中の享保(きょうほう)20年5月28日播磨(はりま)(兵庫県)加古川で急死。31歳。初名は宗貞(むねさだ),貞清(さだきよ),村昭(むらあき)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達村年の関連キーワード公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎朝日丹波蔵王山雍正帝古月軒ケイズル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone