コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍崇曜 ごすうようWu chong-yao; Wu Ch`ung-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伍崇曜
ごすうよう
Wu chong-yao; Wu Ch`ung-yao

[生]?
[没]同治2(1863)
中国,清末の貿易商人。幼名は元薇。字は紫垣。林則徐の奏文中に商名で伍紹栄とある。清朝の広東十三行のうち,嘉慶期になって大きな勢力を有した怡和行は伍国瑩が創立したが,その子の秉鑑の第5子と伝えられ,崇曜のときに最も栄えた。英文の商名は秉鑑の Howqua (浩官) を踏襲した。崇曜は行商のなかで指導的な地位にあり,アヘン戦争や広東天地会 (→三合会 ) の乱などの醵金の多くを負担し,また咸豊7 (1857) 年の英仏連合軍の広州攻撃の際に和議の折衝などにもあたった。一方では『粤雅堂叢書』など多くの書籍を刊行した。崇曜の没後,怡和行も衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

伍崇曜の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグウィグモアエルギン小松小太郎ハッパーヘーフェル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android