コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広東十三行 カントンじゅうさんこう Guang-tong shi-san-hang; Kuang-tung shih-san-hang

2件 の用語解説(広東十三行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広東十三行
カントンじゅうさんこう
Guang-tong shi-san-hang; Kuang-tung shih-san-hang

中国,清代の広州での外国貿易の特許商人の組織。洋貨行,洋行,行商などとも称される。康煕 24 (1685) 年海外貿易が許可され広州には粤海関 (えっかいかん) がおかれたが,その関税徴収に翌年牙行 (仲買商) の洋貨行を指定して請負わせるとともに,輸出入品の取引を独占させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広東十三行
かんとんじゅうさんこう

中国、清(しん)代、広州(こうしゅう)(広東)の外国貿易を独占した商人団(行商(こうしょう)、洋貨行)の通称。また、広州に交易した外国商人の商館factoryをいう。明(みん)代に広州には36行の牙行(がこう)(仲買人)があり、市舶提挙にかわり外国船から徴税していた。清朝もこの制を受け継ぎ、1685年に粤海関(えっかいかん)監督を置くと、1720年には16の行商が公行(コーホン)(特許商人の組合)を組織し、漆器、刺しゅうなどを除いた主要貿易品(生糸、茶)を独占し、価格協定を結んだ。これは非参加の商人の反対にあい翌年解散したが、1726年、六家が選ばれて再興し、保商として外国船の船鈔(せんしょう)(量船税)や規礼などの関税を代徴した。1760年には同文行の潘(はん)振成が中心となり、9行でヨーロッパ貿易専門の外洋行を組織し、本港行(東南アジア貿易)、潮福行(潮州・福建貿易)から独立した。彼らは外国との貿易取引のほかに、関税の代徴に連帯責任を負い、さらに外交交渉の仲介をも行った。過重な納税負担や取引の失敗により、倒産したり外国商人から借金する行商も頻出したが、1780年からは行用銀とよばれる賦課税を定め、これを積み立てて行商の負債返還基金とし、19世紀初頭にかけて公行の全盛期を迎えた。1842年の南京(ナンキン)条約により、公行の外国貿易独占は廃止され、それ以降衰退するが、牙行組織自体はその後も商業活動を担う中心となった。西洋への窓口となったこれらの行商は、西洋の軍備、医術などを紹介したほか、怡和行(いわこう)の伍崇曜(ごすうよう)は「粤雅堂叢書(えつがどうそうしょ)」を、同孚行(どうふこう)潘氏一族の潘仕成は「海山仙館叢書」を編纂(へんさん)した。
 外国商館(十三行夷館(いかん))は、行商が所有する珠江(しゅこう)沿岸の13の建物を、デンマーク、スペイン、フランス、アメリカ、オーストリア、スウェーデン、イギリス、オランダなどの商人が借用し、公行と取引をしていた。しかし、1842年、43年、56年に焼打ちにあい、現在は十三行街の名を残すのみである。[浜下武志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広東十三行の関連キーワード粤海関外国為替及び外国貿易法公行とん税貿易管理令海港外国貿易常関抜荷《外国貿易によるイングランドの財宝》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone