コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏島近蔵 ふせじま きんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏島近蔵 ふせじま-きんぞう

1837-1901 幕末-明治時代の実業家。
天保(てんぽう)8年生まれ。行商で横浜のウォルシュ-ホール商会に重用され,貿易商田辺屋を開業して巨利をえる。明治11年第七十四国立銀行を設立,頭取となる。新富士川の開削など公共事業につくした。明治34年8月7日死去。65歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伏島近蔵の関連キーワード明治時代実業家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android