コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休眠特許 きゅうみんとっきょ

3件 の用語解説(休眠特許の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

休眠特許

企業や国の機関などが保有する特許のうち、事業に活用されていないものを指す。未使用特許とも呼ばれる特許庁の調査によると、2013年現在、国内で登録されている約135万件の特許のうち、休眠特許は約5割に上る。休眠特許の中には価値の高いものもあるが、保有しているだけでは収益を生まない。また、企業が資金集めのために休眠特許を海外企業に売却し、その技術が国外へと流出すれば、社会的な損失にもつながる。そうした事態を防ぐため、政府や自治体が休眠特許の活用を促す対策を講じている。13年には、官民ファンド産業革新機構が、大手企業の休眠特許を買い取り、中小企業などへ貸与して新規事業を支援する知的財産ファンドへの出資を決定している。

(2013-12-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅうみん‐とっきょ〔キウミントクキヨ〕【休眠特許】

特許権は取得しているが、実際の商品や事業などに利用されていない特許。未使用特許。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

休眠特許
きゅうみんとっきょ

企業や大学などが所有する特許のうち、実際に利用されていない特許のこと。未使用特許ともいう。特許庁「平成25年度知的財産活動調査報告書」によると、大企業が所有する146万4176件の特許のなかで休眠特許は70万8967件と、48.4%を占める(2012年度)。商品化しても利益が少ない、他の技術と比して効果が大きくないなどの理由で未使用になることが多い。
 特許を維持するだけでも管理費用がかかるため、研究開発の効率化、保有特許の絞り込みを進める企業などが休眠特許を外部に売却するケースも多い。買い取るのはおもに専門事業者で、そのなかには悪質な「パテント・トロール」もあるが、(1)同一領域のいくつかの特許を組み合わせること(クロスライセンス)によって少しでも価値を高め、必要としている企業に使用許諾を与えて収入を得る、(2)休眠特許の管理を受託することによって管理収入を得る、といったビジネスモデルを展開している事業者も多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休眠特許の関連キーワードクロスライセンス広聴特許企業バリューアットリスク外国人持株比率特許資産マネーストックリサーチパーク特許ファミリーペーパーライセンス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

休眠特許の関連情報