コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会田素山 あいた そざん

1件 の用語解説(会田素山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

会田素山 あいた-そざん

1819-1892 幕末-明治時代の俳人。
文政2年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。町奉行,評定奉行をつとめる。俳諧(はいかい)を秋山御風にまなぶ。共編の撰集に「さし柳」「松柏集」などがある。明治25年8月22日死去。74歳。名は常修。通称は多仲。別号に朱果堂,柿陰など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

会田素山の関連キーワード浦香雨豊島朴因相羽仙夫岡田竜吟小川尋香小島文器塩坪鶯笠島本青宜宝夏静八千房流美