コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会田素山 あいた そざん

1件 の用語解説(会田素山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

会田素山 あいた-そざん

1819-1892 幕末-明治時代の俳人。
文政2年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。町奉行,評定奉行をつとめる。俳諧(はいかい)を秋山御風にまなぶ。共編の撰集に「さし柳」「松柏集」などがある。明治25年8月22日死去。74歳。名は常修。通称は多仲。別号に朱果堂,柿陰など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

会田素山の関連キーワードおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本バジードー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone