コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝統指向型 でんとうしこうがたtradition-directed type

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝統指向型
でんとうしこうがた
tradition-directed type

アメリカの社会学者 D.リースマン社会的性格の類型概念の一つ。この伝統指向型は権威への恭順と恥の恐れによって外面的に規制され,それに同調行動する人々の社会的性格をさす。この概念は内部指向型他人指向型と並ぶ性格類型であり,歴史的発展段階からいうと,人口停滞的な伝統的社会,すなわち近代以前の社会や現代の後進地域の社会にみられる。その特徴は,(1) 政治に対する主体者意識や責任感の欠如 (これをリースマンは「伝統型無関心」と呼ぶ) ,(2) 首長や家長などの権威に対する恭順,(3) 所与の現実の容認,(4) 非合理的,情緒的傾向,である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android