コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伶人草 レイジンソウ

デジタル大辞泉の解説

れいじん‐そう〔‐サウ〕【×伶人草】

キンポウゲ科トリカブト属の多年草山地に生え、高さ40~60センチ。茎が紫色がかり、葉は手のひら状に切れ込んでいる。夏、淡紫色の花を総状につけ、花の形が伶人の冠に似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいじんそう【伶人草】

キンポウゲ科の多年草。山中の水辺に近い草地に生える。根葉は柄があり、腎円形で掌状に五~七中裂。茎は柔らかく高さ約80センチメートル。夏から秋、枝頂に総状花序を出し、淡紫色の烏帽子えぼしに似た形の花をつける。根は有毒であるが、薬用ともする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伶人草の関連キーワード総状花序根葉水辺掌状

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android