コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮痙薬 ちんけいやく

大辞林 第三版の解説

ちんけいやく【鎮痙薬】

内臓平滑筋の収縮・緊張を緩解し、それによる痙攣けいれん性疼痛を除く薬。アトロピン・パパベリンなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

鎮痙薬【ちんけいやく】

平滑筋痙攣(けいれん)をしずめて痛みを和らげる薬剤。気管支喘息(ぜんそく),胃腸痙攣,胆石痛などに適用される。向神経性と向筋性に分類される。前者にはアトロピンなどの副交感神経抑制剤があり,後者にはパパベリンやノイパパベリンなどが属する。
→関連項目頭痛腟痙攣テトロドトキシン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんけいやく【鎮痙薬 antispasmodic】

内臓平滑筋の異常な収縮・痙攣(けいれん)をゆるめ,痙攣による内臓痛を除く薬物をいう。2種類に大別され,一つはアトロピンによって代表される副交感神経抑制薬(抗コリン薬)で,向神経性鎮痙薬とかアトロピン様作用薬ともいう。アセチルコリンと抑制的に拮抗し,神経の興奮の伝達を遮断し,痙攣をゆるめる。他の一つは平滑筋細胞に直接作用して痙攣を抑える薬物で,向筋肉性鎮痙薬あるいはパパベリンがこの代表的な薬物であることから,パパベリン様作用薬などともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鎮痙薬の関連キーワードいろいろな市販胃腸薬とその使い方膀胱テネスムス(膀胱しぶり)莨菪根・ロート根オキセサゼインアルカロイド胃の形態異常虚血性腸病変非感染性腸炎次郎坊延胡索ロートエキス感染性腸炎クローン病胃けいれんカラバル豆ブスコパン胆石症鎮痙剤走野老鎮痛薬疝痛

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android