コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似たり ニタリ

デジタル大辞泉の解説

に‐たり【似たり】

にせもの。まがいもの。
近世関東地方の河川でいられた、平田船に似た大型の川船の一種。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

似たりの関連キーワードパーソナル・コミュニケーション似たり寄ったり杜若・燕子花ニタリクジラ藤本喜久子被る・蒙る五十歩百歩飄揺・飃揺大欲・大慾大姦・大奸甘利晴吉尾に付く金太郎飴物めかし赤根武人蘭坡景茝小野小町前原一誠にせもの長沼宗政

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

似たりの関連情報