コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白蔵主/伯蔵主 ハクゾウス

3件 の用語解説(白蔵主/伯蔵主の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐ぞうす〔‐ザウス〕【白蔵主/伯蔵主】

狂言「釣狐(つりぎつね)」の登場人物。猟師の殺生をやめさせるため、古狐が猟師の伯父の僧に化けたもの。
狂言面の一。主としてに使うもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

白蔵主(はくぞうす)

日本の妖怪。僧に化けたキツネで妖狐の一種とされる。江戸時代の随筆「諸国里人談」などに記述があるほか、狂言の演目「釣狐」にも登場する。「伯蔵主」とも表記する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくぞうす【白蔵主】

○ 狂言「釣狐」の登場人物。永徳(1381~1384)頃に実在した、稲荷を信仰し三匹の狐を飼った僧を素材にしたという。
狂言面の一。に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白蔵主/伯蔵主の関連キーワード切られ与三桐壺の帝釣狐釣り狐雑狂言こぎつね七度狐アオギツネシロギツネ《作者を捜す6人の登場人物》