コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似非者 エセモノ

デジタル大辞泉の解説

えせ‐もの【似非者】

身分の卑しい者。
「よき人さらなり、―、下衆(げす)の際だになほゆかし」〈・一五九〉
にせ者。
「但し、―にこそ候ふめれ」〈今昔・二七・三四〉
くせ者。したたか者。意地の悪い者。
「此家のあるじは世に聞こえたる―にて候」〈義経記・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えせもの【似非者】

いかがわしい者。にせ者。その名にふさわしくない者。 「ただし、-にこそ候ふめれ/今昔 27
つまらぬ者。卑しい者。 「昔は-などもみなをかしうこそありけれ/枕草子 23
ばか者。じゃま者。悪い者。 「月は-、忍ぶ夜はなほ冴ゆる/松の葉」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android