コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似鯨 ニタリクジラ

デジタル大辞泉の解説

にたり‐くじら〔‐くぢら〕【似鯨】

ナガスクジラ科のヒゲクジラ。全長約13メートル。赤道域から冷帯境界域の暖水域に分布。1940年代末に識別されるまでイワシクジラと同種として扱われていたが、腹部の畝(うね)が長く、ナガスクジラに似ていることからこの名がついた。頭部の先端から噴気孔にかけて3本の稜線があるのが特徴。カツオの群れの中でよく見られることから、カツオクジラともよばれる。→調査捕鯨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にたりくじら【似鯨】

クジラの一種。イワシクジラに似た外観からこの名がある。鼻孔から吻にかけて特徴的な稜線をもつ。熱帯から温帯にかけて分布し、かつては捕鯨の対象とされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

似鯨 (ニタリクジラ)

動物。ナガスクジラ科のクジラの一種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

似鯨の関連キーワード動物鼻孔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android