コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似鯨 ニタリクジラ

2件 の用語解説(似鯨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にたり‐くじら〔‐くぢら〕【似鯨】

ナガスクジラ科のヒゲクジラ。全長約13メートル。赤道域から冷帯境界域の暖水域に分布。1940年代末に識別されるまでイワシクジラと同種として扱われていたが、腹部の畝(うね)が長く、ナガスクジラに似ていることからこの名がついた。頭部の先端から噴気孔にかけて3本の稜線があるのが特徴。カツオの群れの中でよく見られることからカツオクジラとも呼ばれる。→調査捕鯨

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にたりくじら【似鯨】

クジラの一種。イワシクジラに似た外観からこの名がある。鼻孔から吻にかけて特徴的な稜線をもつ。熱帯から温帯にかけて分布し、かつては捕鯨の対象とされた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone