コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹/堅魚/松魚 カツオ

デジタル大辞泉の解説

かつお〔かつを〕【×鰹/魚/松魚】

サバ科の海水魚。全長約1メートル。体は紡錘形。背部は暗青紫色、腹部は銀白色で、死後に青黒色の縦縞が現れる。世界の温・熱帯海に分布し、季節的に回遊。日本にはふつう3~4月に南岸に近づき、5~6月に黒潮に乗って北上、7~8月に三陸沖に達し、秋には南下。さお釣り漁法で漁獲し、たたきとして賞味するほか、煮物・かつお節・缶詰などに利用。 夏》「出刃の背を叩く拳(こぶし)や―切る/たかし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰹 (カツオ)

学名:Katsuwonus pelamis
動物。サバ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鰹/堅魚/松魚の関連キーワード片山 七兵衛(1代目)catMOM産地限定蜻蛉館姫丸(3代)厚焼き海苔しょうゆすさみケンケン鰹しおかつおうどんカツオにゃんこ大川四郎左衛門鈴木勘右衛門鰹枯節削り節マルハチ村松五種の削り物鰹節削り節男節・雄節群游・群遊まぐろの日女節・雌節角屋甚太郎潮替え節斎太郎節