伽羅蕗(読み)きゃらぶき

精選版 日本国語大辞典の解説

きゃら‐ぶき【伽羅蕗】

〘名〙 料理の一つ。蕗(ふき)の茎を醤油、酒などできゃら色に煮つめたもの。《季・夏》
※落語・辰巳の辻占(1896)〈四代目橘家円喬〉「車夫(わかいしゅ)へ一本つけてお上げ。新しいお刺身にキャラ蕗(ブキ)があったよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伽羅蕗の言及

【佃煮】より

…ハマグリのつくだ煮は〈時雨蛤(しぐれはまぐり)〉の名で三重県桑名の名物として知られているが,この時雨蛤という言葉は1750年(寛延3)刊の《料理山海郷》にその名が見え,〈つくだ煮〉よりは古い言葉のようである。また,カツオ,マグロをさいころ形に切って煮たものは角煮(かくに),フキを用いたものは〈伽羅蕗(きやらぶき)〉とも呼ばれる。【平野 雄一郎】。…

※「伽羅蕗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android