コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伽羅蕗 キャラブキ

デジタル大辞泉の解説

きゃら‐ぶき【×伽羅×蕗】

フキの茎を、醤油(しょうゆ)で伽羅色に煮詰めた食品。 夏》「―の滅法からき御寺かな/茅舎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

きゃらぶき【伽羅蕗】

ふきの茎をあく抜きし、しょうゆ・砂糖などで伽羅(きゃら)色(濃い茶色)になるまで煮しめた料理。保存食となる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きゃらぶき【伽羅蕗】

細いフキの茎を醬油で伽羅色に煮しめた食品。伽羅煮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伽羅蕗の言及

【佃煮】より

…ハマグリのつくだ煮は〈時雨蛤(しぐれはまぐり)〉の名で三重県桑名の名物として知られているが,この時雨蛤という言葉は1750年(寛延3)刊の《料理山海郷》にその名が見え,〈つくだ煮〉よりは古い言葉のようである。また,カツオ,マグロをさいころ形に切って煮たものは角煮(かくに),フキを用いたものは〈伽羅蕗(きやらぶき)〉とも呼ばれる。【平野 雄一郎】。…

※「伽羅蕗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伽羅蕗の関連キーワードふき