蕗/苳/款冬/菜蕗(読み)フキ

デジタル大辞泉の解説

ふき【×蕗/×苳/款冬/菜蕗】

キク科の多年草。原野や道端に生える。地下を長い根茎が横に走り、早春、蕗の薹(とう)とよぶ若い花茎を出し、頭状花が開くにつれて花茎を伸ばす。雌雄異株。花後、長い多肉質の柄をもつ腎臓形の葉をつける。葉柄や蕗の薹は食用。 夏》「―むくやまた襲ひきし歯のいたみ/久女

ふふき【×蕗】

フキ古名
「近江路の篠(しの)の小―はや曳(ひ)かず」〈催馬楽・近江路〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蕗 (フキ・フフキ)

学名:Petasites japonicus
植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android