(読み)フキ

デジタル大辞泉「蕗」の解説

ふき【×蕗/×苳/款冬/菜蕗】

キク科の多年草。原野や道端に生える。地下を長い根茎が横に走り、早春、蕗のとうとよぶ若い花茎を出し、頭状花が開くにつれて花茎を伸ばす。雌雄異株。花後、長い多肉質の柄をもつ腎臓形の葉をつける。葉柄蕗の薹は食用。 夏》「―むくやまた襲ひきし歯のいたみ/久女

ふふき【×蕗】

フキの古名。
「近江路のしのの小―はやかず」〈催馬楽・近江路〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蕗」の解説

蕗 (フキ・フフキ)

学名Petasites japonicus
植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android