コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕗/苳/款冬/菜蕗 フキ

デジタル大辞泉の解説

ふき【×蕗/×苳/款冬/菜蕗】

キク科の多年草。原野や道端に生える。地下を長い根茎が横に走り、早春、蕗の薹(とう)とよぶ若い花茎を出し、頭状花が開くにつれて花茎を伸ばす。雌雄異株。花後、長い多肉質の柄をもつ腎臓形の葉をつける。葉柄や蕗の薹は食用。 夏》「―むくやまた襲ひきし歯のいたみ/久女

ふふき【×蕗】

フキ古名
「近江路の篠(しの)の小―はや曳(ひ)かず」〈催馬楽・近江路〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふふき【蕗】

フキの古名。 〔本草和名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蕗 (フキ・フフキ)

学名:Petasites japonicus
植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蕗/苳/款冬/菜蕗の関連キーワード新潟県新発田市中央町富貴の台・蕗の台越天楽・越殿楽新潟県新発田市蕗谷虹児記念館コロポックル蕗谷 虹児前田 白秋シネラリア秋山 正香中村中倧蕗谷虹児秋田フキ本草和名花嫁人形八橋検校安成貞雄山田常典蕗砂糖漬工藤野松