コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相論 いそうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位相論
いそうろん

同一の言語 (方言) とみなしうるもののなかで,性,年齢,職業,階級などの差が言語のなかに反映されているとき,その面を位相といい,それを扱う分野を位相論という。性別では男性語女性語,年齢別では幼児語,老人語など,職業や階級の面では女房詞 (ことば) ,廓言葉,学生語,隠語忌み詞などがある。大部分の場合,語彙の面における相違となって現れる。日本語の用法における「方言」は,位相のなかに含める人もあるが,地域的差異をいうのであって,上記のものとは次元が異なる。また,ここにいう幼児語や老人語などは,各個人の一生のなかの各時期において習得し使用していくもので,歴史的言語変化の現れである世代差をいうものではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

位相論の関連キーワード語彙論武士詞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android