低カルシウム血症(読み)ていカルシウムけっしょう(英語表記)hypocalcemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低カルシウム血症
ていカルシウムけっしょう
hypocalcemia

血清中のカルシウム濃度が正常値 (8mg/dl) 以下になった状態。上皮小体機能低下症,慢性腎不全,佝僂 (くる) 病,骨軟化症,吸収不全症候群などでみられる。血清アルブミン濃度が低下したときにも起る。症状は,筋肉のけいれんテタニー,全身のけいれん発作,喘鳴,呼吸困難,複視,頻尿など。子供では心身の発育障害が生じる。治療は,上皮小体機能低下による場合にはビタミンDおよびカルシウムを投与し,テタニーに対してはグルコン酸カルシウムを静脈注射する。また,予防的にカルシウム剤の経口投与を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android