コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低カルシウム血症 ていカルシウムけっしょうhypocalcemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低カルシウム血症
ていカルシウムけっしょう
hypocalcemia

血清中のカルシウム濃度が正常値 (8mg/dl) 以下になった状態。上皮小体機能低下症,慢性腎不全,佝僂 (くる) 病,骨軟化症,吸収不全症候群などでみられる。血清アルブミン濃度が低下したときにも起る。症状は,筋肉のけいれんテタニー,全身のけいれん発作,喘鳴,呼吸困難,複視,頻尿など。子供では心身の発育障害が生じる。治療は,上皮小体機能低下による場合にはビタミンDおよびカルシウムを投与し,テタニーに対してはグルコン酸カルシウムを静脈注射する。また,予防的にカルシウム剤の経口投与を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

低カルシウム血症の関連キーワード原発性免疫不全症の検査と診断続発性副甲状腺機能亢進症カルシウムと代謝異常副甲状腺機能低下症塩化カルシウム新生児けいれんフッ化物中毒ビタミン剤尿細管疾患疫痢乳熱癲癇膵炎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低カルシウム血症の関連情報