コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低品位炭 ていひんいたんlow-grade coal

1件 の用語解説(低品位炭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低品位炭
ていひんいたん
low-grade coal

カロリーの石炭の慣用名。普通,1kgあたり 3000~4000cal以下の下級炭をさす。灰分が多く,特に褐炭泥炭に近いものは発熱量が低いため,特殊な燃焼炉が必要となる。低品位炭を原料とする特殊の火力発電所もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の低品位炭の言及

【選炭】より

…また中間品質の製品を二号炭middlingsという。低品質の石炭に対しては低品位炭low grade coalという言葉も用いられる。選炭過程によって分離・除去され,廃棄される産物を廃石という。…

※「低品位炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

低品位炭の関連キーワードメラミンキログラム原器赤ちゃんの世話脂肪肝乾燥ジュールニュートングレイニュートン梅酒

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低品位炭の関連情報