コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低圧経済 ていあつけいざいlow-pressure economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低圧経済
ていあつけいざい
low-pressure economy

A.ハンセンがその著書『アメリカの経済』 (1957) のなかで用いた言葉。意図した投資が意図した貯蓄に及ばない状態にある経済で,高圧経済と対比される。経済が低圧状態にあるときは総供給が総需要を上回るようになり,企業は在庫圧力や過剰設備,製品価格の下落利潤停滞などに悩み,また国民経済全体としては成長率の低下,失業増大コスト=プッシュ・インフレーション招来などの不均衡を招く。しかし供給過剰から輸出ドライブがかかり輸出が増大する一方,輸入が停滞するため,国際均衡の面では改善されることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていあつ‐けいざい【低圧経済】

需要が供給を下回り、投資なども低迷してさらに需要圧力が低下する傾向にある経済。デフレになる可能性がある。→高圧経済

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていあつけいざい【低圧経済】

国内の需要が供給を下回り、それがまた投資を抑制して需要圧力を低める傾向をもつ経済。経済成長率の鈍化や企業収益の悪化をもたらす。供給過剰から輸出圧力がかかり国際収支は改善する。 → 高圧経済

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

低圧経済の関連キーワード国際収支コスト

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android