コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低速中性子 テイソクチュウセイシ

デジタル大辞泉の解説

ていそく‐ちゅうせいし【低速中性子】

エネルギーが約100電子ボルト以下の中性子。加速器中性子源や研究用原子炉で発生させることができ、中性子の散乱回折による原子構造の解析や非破壊検査などに利用される。媒質中の分子熱平衡に達し、0.025電子ボルト前後のものは熱中性子と呼ばれ、軽水炉などの原子炉における核分裂に寄与する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

低速中性子の関連キーワードエネルギー遅い中性子減速材

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android