住友友成(読み)すみとも ともなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住友友成 すみとも-ともなり

1909-1993 昭和-平成時代の経営者,歌人。
明治42年2月20日生まれ。住友友純(ともいと)の子。大正15年17歳で住友家16代をつぎ,住友合資会社の代表社員・社長となる。昭和12年株式会社に改組。20年財閥解体にともない,すべての役職を辞任。アララギ派の歌人で,歌集「雲光」を刊行。平成5年6月14日死去。84歳。大阪出身。京都帝大卒。通称は吉左衛門。筆名は泉幸吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android