コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木俊作 ささき しゅんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木俊作 ささき-しゅんさく

1810-1873 江戸時代後期の農民。
文化7年生まれ。陸奥(むつ)閉伊(へい)郡(岩手県)盛岡藩領安家(あっか)村の肝煎(きもいり)。天保(てんぽう)元年から19年間の日記をのこし,天保の飢饉(ききん)を詳細に記録。弘化(こうか)4年の三閉伊一揆(いっき)の指導者のひとりで,嘉永(かえい)元年流罪となるが,のちゆるされた。明治6年9月3日死去。64歳。通称は茂右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木俊作

没年:明治6.9.3(1873)
生年:文化7(1810)
弘化4(1847)年盛岡藩一揆の指導者。陸奥国下閉伊郡(岩手県)盛岡藩領安家村百姓佐々木茂右衛門の長男。百姓としては茂右衛門を使い,のち俊作を多用した。天保1(1830)年から嘉永1(1848)年までの19年間『日記』を書き続けた。天保年間の飢饉は「巳年の飢渇」として克明に記録している。天保11年,肝入に就任する。13年に西国巡礼116日間の旅をし,『西国巡礼道中記』を残した。弘化4年には,過重な御用金賦課を契機とする陸中海岸沿いの強訴を指導し,嘉永1(1848)年,領内僻遠の牛滝に流罪となった。6年に放免されたが,蝦夷地に渡り,北海道開拓使役人として菊池政美の名で暮らした。<参考文献>茶谷十六『安家村俊作』

(深谷克己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

佐々木俊作の関連キーワードクライストサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造ブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android