コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木志頭磨 ささき しずま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木志頭磨 ささき-しずま

1619-1695 江戸時代前期の書家。
元和(げんな)5年生まれ。京都の人。大師流の藤木敦直(あつなお)に師事。明(みん)代の「内閣秘伝字府」をまなび,唐様をとりいれて志頭磨流をおこす。加賀金沢藩につかえ,おおくの門人をそだてた。元禄(げんろく)8年1月19日死去。77歳。通称は七兵衛。号は静庵,松竹堂,専念。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木志頭磨

没年:元禄8.1.19(1695.3.3)
生年:元和5(1619)
江戸前期の書家。名は「頭を志して磨す」意というが,一説に志津磨とも。号は松竹堂,専念翁など。通称は七兵衛,七右衛門。京都(一説に加賀)の生まれ。書ははじめ大師流の藤木敦直に学んだが,のち南宋の張即之らの書や日本へ持ち込まれた『内閣秘伝字府』を学び,志頭磨流と呼ばれる唐様の一派を築いた。志頭磨は,玉盤(黒漆板)に水を用いて執筆する教授法をとり,その雄渾な書は多くの門人に継承された。息子の春をはじめ,志頭磨と同じ名,号を名乗る者が現れ,史実が混然としている部分もあるが,このことは志頭磨流の盛行を物語るものともいえよう。<参考文献>河喜多真彦『古今墨蹟鑒定便覧』

(永由徳夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

佐々木志頭磨の関連キーワード佐久間洞巌河喜多真彦佐々木晦山佐々木照元佐竹義根石川柏山寺井養拙梅津利忠井出松翠粟津潤照荒木是水沢井穿石東竹堂伝長

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android