大師流(読み)だいしりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大師流
だいしりゅう

弘法大師空海を祖とするという書道の流派。中世末に,賀茂神社の神官藤木敦直飯河秋共およびその門下の成定に学んで大成。空海の執筆法と使筆法を奥義として,12の点画書法を伝授し,空海の書風を誇張した特色ある書風を形成した。後水尾天皇より書博士の号を賜わり,持明院流に代って朝廷書役に奉仕した。この流儀は広く上下に行われ,明治以降もこの流れをくむ者があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいし‐りゅう〔‐リウ〕【大師流】

弘法大師空海始祖とするという和様書道の一流派。室町末期に成立し、江戸初期ごろ大師流と称されるようになった。空海の書を誇張させた書風。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいしりゅう【大師流】

和様書道の流派の一。空海の書風を受け継ぐ流派。中世末空海の装飾的な書風を、さらに誇張して創始された。大師様だいしよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大師流の言及

【書】より

…そして,その書道を極めようとする意欲は用筆にも及び,嵯峨天皇への狸毛筆奉献の書が伝世し,書体によって用筆を改める周到さを示しているが,入唐中は求道のかたわら各種書体の研究にも意を用い,特異な飛白や雑書体をも会得して帰国した。近世に大師流が起こり,これは空海を日本書道の祖に位置づけているが,書風としては空海の書の特異な面が強調されている。しかし,空海の書域の幅の広さは日本書道史上に類がなく,和様書道発展の基礎となった。…

※「大師流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android