コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木縮往 ささき しゅくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木縮往 ささき-しゅくおう

1649-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
慶安2年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医の子。2代藩主毛利綱広の庶子監物の侍講,のち藩主毛利吉広の伽役をつとめる。小倉尚斎と詩集「両関唱和集」を刊行。明(みん)(中国)の画法をまなび,画でも知られた。享保(きょうほう)19年6月18日死去。86歳。字(あざな)は沕真。通称は平太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木縮往の関連キーワード儒者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android