佐々木縮往(読み)ささき しゅくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木縮往 ささき-しゅくおう

1649-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
慶安2年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医の子。2代藩主毛利綱広の庶子監物の侍講,のち藩主毛利吉広の伽役をつとめる。小倉尚斎と詩集「両関唱和集」を刊行。明(みん)(中国)の画法をまなび,画でも知られた。享保(きょうほう)19年6月18日死去。86歳。字(あざな)は沕真。通称は平太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android