コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木縮往 ささき しゅくおう

1件 の用語解説(佐々木縮往の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木縮往 ささき-しゅくおう

1649-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
慶安2年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医の子。2代藩主毛利綱広の庶子監物の侍講,のち藩主毛利吉広の伽役をつとめる。小倉尚斎と詩集「両関唱和集」を刊行。明(みん)(中国)の画法をまなび,画でも知られた。享保(きょうほう)19年6月18日死去。86歳。字(あざな)は沕真。通称は平太夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木縮往の関連キーワードチャールズ木下長嘯子チャールズ遠州流(茶道)平敷屋朝敏ブルボン朝愛蘭噶爾丹河合曽良挙白集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone