コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木長淳 ささき ながのぶ

2件 の用語解説(佐々木長淳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木長淳 ささき-ながのぶ

1830-1916 明治時代の養蚕技術者。
文政13年9月3日生まれ。佐々木忠次郎の父。もと越前(えちぜん)福井藩士。維新後,工部省にはいり,養蚕業務を担当。ヨーロッパで養蚕・製糸技術をまなび,内務省内藤新宿試験場で蚕業試験をはじめる。のち宮内省の養蚕御用係。大正5年1月25日死去。87歳。通称は権六。号は雀洲。著作に「蚕の夢」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木長淳
ささきながのぶ
(1830―1916)

近代的養蚕技術導入の先駆者。福井藩士。1857年(安政4)洋式兵器の技術者として藩の製造方大砲小銃火薬船舶頭取(とうどり)となる。明治維新後、上京して工部省に出仕、養蚕業務をつかさどる。1873年(明治6)ウィーン万国博覧会に派遣され、オーストリア、イタリア、スイスで養蚕・製糸・紡績技術を学び、翌1874年帰国、内務省勧業寮の内藤新宿試験場で蚕業試験を開始した。1877年、群馬県新町(現、高崎市)の屑(くず)紡績所建設を指導、その後宮内省で養蚕御用係を務めた。当時の主要輸出産業であった生糸に関連し、蚕種の近代的検査法を確立した1886年発布の「蚕種検査規則」は彼の功績である。研究には、カイコの害虫のうち被害のもっとも大きい(きょうそ)(カイコノウジバエ)、原生動物によるカイコの病害の微粒子病に関するものが多く、著書に『蚕の夢』『微粒子病の顛末(てんまつ)』がある。[田島弥太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木長淳の関連キーワード技術者上垣守国小野惟一郎木村九蔵佐藤友信下田伊左衛門徳江八郎百々三郎永井いと水毛生伊余門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone