コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐井三右衛門 さい さんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐井三右衛門 さい-さんえもん

1731-1810 江戸時代中期-後期の開拓者。
享保(きょうほう)16年生まれ。土佐(高知県)幡多(はた)郡下川口村の庄屋の子。宝永の地震で荒廃していた同村の片粕地区を開拓,整地して良田をつくる。その功により藩主より同地をあたえられ,郷士にとりたてられた。文化7年8月21日死去。80歳。名は正辰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐井三右衛門

没年:文化7.8.21(1810.9.19)
生年:享保16(1731)
江戸後期の開拓者。名は正辰,三右衛門は通称。幡多郡下川口村(土佐清水市)の庄屋佐井知義の次男。宝永地震で荒廃した同村片粕の復興を志し,道路を作り堤を築いて荒蕪地を良田とした。功により土佐藩主山内氏より片粕を受領,領知30石の郷士にとりたてられた。文化2(1805)年6月の洪水で被害を受け田地を流失した際には郷士の要件に欠けるとして辞職願を提出したほど責任感の強い人物であった。<参考文献>『下川口村誌』『土佐清水市史』上

(山本大)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

佐井三右衛門の関連キーワード買米クライスト六つのパルティータファルネーゼ家シュナーベル(Johann Gottfried Schnabel)ティエポロキャベンディッシュ佐井三右衛門キャベンディシュキャベンディッシュ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android