佐伯 孝夫(読み)サエキ タカオ

20世紀日本人名事典の解説

佐伯 孝夫
サエキ タカオ

昭和期の作詞家



生年
明治35(1902)年11月22日

没年
昭和56(1981)年3月18日

出生地
東京・京橋

別名
別名=青山 光男(アオヤマ ミツオ)

学歴〔年〕
早稲田大学仏文科〔大正15年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞(作詞賞 第4回)〔昭和37年〕「いつでも夢を」,紫綬褒章〔昭和42年〕,日本レコード大賞(特別賞 第11回・22回)〔昭和44年・55年〕

経歴
在学中西條八十に師事して詩作を始め、「白孔雀」などに発表。卒業後、国民新聞社を経て、昭和12年東京日日新聞社に入り19年退社。この間、7年にはビクター専属となり、作詞家として活躍。40年以来、日本音楽著作権協会理事を務めた。代表作に戦前の「さくら音頭」「燦めく星座」「新雪」「鈴懸の径」「勘太郎月夜唄」、戦後の「銀座カンカン娘」「有楽町で逢いましょう」「潮来笠」「いつでも夢を」「再会」など。著書に「青春詩集」「佐伯孝夫詩集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐伯 孝夫 (さえき たかお)

生年月日:1902年11月22日
昭和時代の作詞家。日本音楽著作権協会理事
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android