コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯孝夫 さえき たかお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯孝夫 さえき-たかお

1902-1981 昭和時代の作詞家。
明治35年11月22日生まれ。西条八十(やそ)にまなぶ。国民新聞記者をつとめるかたわら作詞,昭和7年ビクターの専属となる。「湯島白梅」,戦後は「銀座カンカン娘」「有楽町で逢(あ)いましょう」などのヒット作を手がけ,37年「いつでも夢を」でレコード大賞。昭和56年3月18日死去。78歳。東京出身。早大卒。本名は和泉孝夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐伯孝夫の関連キーワードCHE CHE CHE(涙にさようなら)ゼッケンNo.1スタートだフランク永井恋をするなら佐伯 孝夫谷口 又士高田 信一昭和時代潮来笠演歌

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐伯孝夫の関連情報